オランダ語

オランダ語【1】

July 6, 2015

オランダは先週、まるで日本のような暑さでした。
しかも蒸し暑い。。。

それもきのうの夕方から落ち着いてきて、今日は過ごしやすいお天気です。

 

さて、きのうの夜、日曜の夜というのに働くまるおくんを横に、私も力をふりしぼってオランダ語の勉強をしました。

 

問題です。

 

schoonzus

schoon = clean
zus = sister

 

直訳すると
きれいな(clean)姉/妹

 

さて、なんのことでしょうか??

 

・・・・・・・・・・・・

 

正解は

 

“義理の姉/妹”

 

なんでだ(笑)

 

あと、
オランダ人の中でも英語が上手な方のまるおさんなんですが、
なぜかいつも
“cousin” と “nephew/niece”
(”いとこ”と”甥/姪”)
がごちゃごちゃになっていて、

なんで?

と思っていました。

 

ついにその原因が判明しました。

 

なんと
オランダ語では、
いとこも甥/姪も同じことばでした~。

 

いとこ(男)/甥 = neef

いとこ(女)/姪 = nicht

 

ちなみにそのいとこ・甥姪が小さい場合は “neefje””nichtje”となるそうです。(まるお談)

いとこと甥っ子・姪っ子が同じだなんて変なのー

と思いましたが、そういう言語たくさんあるんですかね。

 

覚えるのが楽でありがたい(笑)

 

P.S.
ちょっと前に地味にインスタグラム始めました♥↓↓

Instagram

SPONSOR LINK

You Might Also Like

8 Comments

  • Reply セレネ July 6, 2015 at 10:32 pm

    「schoonzus」の「schoon」の意味は「綺麗」です。
    15世紀で、フランス語から沢山の言葉がオランダ語に入りました。
    フランス語で、丁寧に「綺麗な姉」などと言っていました。
    オランダ語に通訳して「schoon-zus」になりました。
    現在のオランダ語で、「schoon」の意味がちょっと変わりました。

    オランダ語の説明はここにあります。

    • Reply Haruno July 8, 2015 at 11:06 am

      >セレネさん
      そうなんですね!
      それは、”beautiful”の意味の”きれい”だったってことですよね!?
      つまり、昔は”schoon”は”beautiful”だったのが、今では”clean”として使われてるってことですかね…?

  • Reply Kyobadokai July 7, 2015 at 3:41 am

    意味はともかく、発音はどう思いますか。Schoonzusの「ch」って。「gegiechel」(クスクス笑うこと)には三つある!Eindhoven人の発音だったら外国人に割りと優しいかもしれませんがね。

    そういや、季節のことですが、 日の出 と日没はもう慣れてますか。僕の留学のとき、日本には日が30分ぐらいで完全に沈むってマジびっくりした。それに真夏にでもいつも6時ぐらいに。オランダの夏の夜と全然違う。

    • Reply Haruno July 8, 2015 at 11:10 am

      >kyobadokaiさん
      gとchの発音はだいぶ良くなってきたんですが(そのつもり)、”uu”が全然できません!

      オランダの夏、いつまでも明るいのはいいですね。好きです。でも時間の感覚が狂いません?

  • Reply 茄子茶 July 7, 2015 at 6:32 pm

    昔は、(そしてドイツ語で今も)schoon=「いい、美しい」という意味でした。

    • Reply Haruno July 8, 2015 at 11:13 am

      >茄子茶さん
      茄子茶…もしかして!(人違いだったらすみません)
      じゃあ、cleanって意味の単語も昔はあったんですかね?それとも一緒??

  • Reply ウクライナ July 14, 2015 at 1:42 pm

    ついに~~~はるるるるるるがインスタグラムデビューか!!!!!!!!!!!!!!(^^)笑

    • Reply Haruno July 23, 2015 at 10:37 am

      >ウクライナ
      YOUもデビューしちゃいなよ!

    Leave a Reply