オランダ語

【オランダ語】今何時?問題

June 23, 2017
オランダ語で今何時?

 

こんにちは。

今日はオランダ語にまつわるちょっとした日蘭の差についてお話します。

 

私が正確に知りたがりな性格だからかもしれませんが、

ずーっと気になる、
イラっとすることがあります。

 

オランダ、今何時問題。

 

日本人に、今何時?って聞くと、
大体正確な時間、見た時計の時間そのままを教えてくれますよね。
たぶん。

 

しかし、オランダ、そうはいかない。

 

聞けども聞けども、なんかキリがいい時間ばかり返ってくる。
◯時とか、◯時15分とか、◯時半とか、5分刻み、なんなら10分、15分刻みのときも。

たとえば、7分とか、13分とか、42分とか、そういう細かい時間だった場合、それをそのまま正確に教えてはくれないのです。
(電車待ちのときなど正確な時間が当たり前の時はありえます。)

 

最初のころ、時間を聞くとあまりにもキリがいい時間ばっかりが返ってくるので、

え、

本当に?
ぴったりその時間?

と確認していました。
今でもするけど。
相手からすればウザイやつ(笑)

 

で、大体そうではないという。

たまに本当にそうで、

あ、ごめんなさい…

ってなるってゆー(笑)

 

だからオランダ人から一発で正確な時刻を聞き出したい時は、「正確に今何時?」と聞いた方が無難です。

それか最初っから聞かないで自分で時間を見る、

あるいは自分も大まかな5分単位〜15分単位、ときには30分単位の時間に慣れる、

とかね。
それでもOKな時もありますけど、
でも私にはムリ!

 

でも・・・
書きながら思ったけど・・・

日本人は結構正確な時間知りたいはずと思ってたけど、実は案外みんなザックリでいいもの⁉︎

意外とみんなはそんなもん??

私は誰かに時間聞かれたら、必ずきっかりな時間を教えるけど、実はそんなの求められていない⁉︎

 

そういえば確かに日本人でもザックリタイムを教えてくる人いますね。
でも私の記憶だとみんなわりとちゃんと分刻みで教えてくれいたような…。

 

私調べによると、オランダ人的にはきっちりな時間を教える方が変らしいです。
ちゃんとした時間を言うときもあるけど、大体は5分おきとか10分おきとか。
めんどくさいじゃん、だそうで。
そんなに正確に知る必要がない、とかね。

時間感覚の差の問題なのか。

でも、

アナログ時計ならまだしも
デジタル時計を見たなら
そのまま言っても別にいいじゃん!
と思うんですけどね。

 

オランダ語で時間を言うときは、

◯時5分過ぎ、10分過ぎ、15分過ぎ、5分前、10分前、15分前、

◯時30分5分前、10分前、5分過ぎ、10分過ぎ、

という超めんどくさい表現をします。

 

たとえば10時37分だったら、

Vijf over half elf

10時半5分過ぎ
(しかもこの10時半は、オランダ語では11時(elf)の半分っていう言い方)

って返ってくるでしょう。

 

日本語感覚だと、

Tien uur zevenendertig

10時37分

 

こっちの方がシンプルじゃん!

と、ここの日本人は思うんですが。

 

こういう小さいところで日々文化のちがい、言語のちがい、考え方のちがいを感じております。

イラっとするけど、面白いですよね。
けどやっぱイラっとしますよね(笑)

 

でも、最近悲しいニュースが続いてる中、こんなことを気にしていられるって幸せだなーと思います。

ね。

平和か。

 

では!

 

SPONSOR LINK

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply


9 + = 16