Browsing Category

レストラン

アイントホーフェン(Eindhoven) ファストフード レストラン

おすすめフィッシュ&チップス屋さん in アイントホーフェン

June 14, 2016
Fish & Chips アイントホーフェン

  今日はアイントホーフェンにあるおすすめのフィッシュ&チップス屋さんをご紹介します。 いまどきでかわいいデザインのそのお店、名前はそのまま Fish & Chips アイントホーフェン駅から歩いて20分くらいのところにある、ヒップスターなお洒落区域 “Strijp S(ストライプS)” にあります。 フィッシュ&チップスと言ったらイギリスを連想しますよね。しかし、よく考えてみるとオランダにもキブリング(kibbeling)という白身魚のフライがあるし、有名なポテトフライ、フリッツもあります。このふたつをひとつのお皿にのせたら、ジャジャン!それもまたフィッシュ&チップスなのであります。(?)   このお店も、イギリスのフィッシュ&チップスという感じではありません。イギリスのそれのような大きい魚はそもそもメニューになく、メインはキブリング。   キブリングもプリプリしていて美味なんですが、私のオススメポイントはフィッシュ&チップスのチップス。そう、フリッツです。(メニューもしっかり”friet”となっています。そこ、chipsって表記にしないんだ、みたいな) そのフリッツ、フリッツ大好き女の私をもうならせるなかなかのお味です。少し甘め。次はフリッツだけ食べに行こうと思い中。 ふつうのじゃがいもフリッツのほかにさつま芋フリッツもあります。 セットで頼むとちょっとしたサラダもついてきて、それが一瞬、!?ってなりますがなかなかイケる味です。 ちなみに、写真で一人前。 よっぽどおなかがすいている、あるいは単品食い可能な人であれば一人でペロリといけるでしょうけれど、二人でシェアしても十分な量です。(個人的に2種類の揚げ物だけでこの量はツライ…でもフリッツだけならいくらでもイケる…)   関係ないけど、この自転車↓ アジア人女性が乗ってそうな小さめサイズの自転車。 ナイスサンセットビューにはだかるこの自転車の持ち主は誰だ!と思っていたら、成人白人女性でびっくり。   ということで、揚げ物好きの方、 Strijp S に用事がありましたらぜひお試しください☆   ウェブサイト…

Continue Reading

アイントホーフェン(Eindhoven) レストラン

フィリップスの元工場にあるおしゃれレストランRadio Royaal

October 16, 2014
Radio Royaal

  以前ちらっと書きましたが、 Eindhoven(アイントホーフェン)は オランダのデザインシティーとして知られています。 フィリップス誕生の地であり、 現在もデザイン本部があったり、 フィリップスミュージアムや フィリップススタジアムもあったり、 フィリップス様様シティーと私は思っています。 アイントホーフェン工科大学を始め、 いくつかの大学やデザインスクールもあり、 アーティスティックな若者が多い 活気のある街でもあります。 そんなアイントホーフェンの一角に、 通称(わたしが勝手に呼んでいる)”おしゃれ区域”があります。 Eindhoven Beukenlaan駅の すぐ近くに位置し、 室内&屋内スケートボード場や おしゃれなカフェ・レストランや セレクトショップ、デザイナースタジオが並んでいます。 元々はフィリップスのオフィスや (今も看板がそのままで建物はあります)、 工場もあった場所で、その建物が再利用されています。 なので、一見、古い工場地区 のように見え、怪しい雰囲気が プンプン漂っています。 が、多分そんなに怪しくないのでご安心ください。   さて、前置きが長くなりましたが、 まるおが岩手に行った際に とてもお世話になった方が 日本からいらしているので、 おととい、その一角にある Radio Royaalという レストランに行ってきました。 (Radio Royaalという名前だけに、 ずっとラジオ局かと思っていました(^_^;)) 外観(2階です) 天井が高いのでものすごい解放感&超オープンキッチン 工場にあった機械も残っていて雰囲気バツグンです。 この後すぐに予約者で満席に。 フランス&ドイツ料理のレストランです。 18時オープンのところ 18時ちょっと過ぎに予約なしで 行ったのですが、どうやらほとんど 予約でいっぱいだったようで 無事に入れてラッキーでした。 ご予約をおすすめします。 メニューは、オランダ語と フランス語とドイツ語のミックスで ほぼ理解不能だったので お店のお兄さんに説明してもらいました。 鴨やリゾットもありましたが、私たちはビーフとチキンを注文しました。 ステーキは若干味薄目でしたがやわらかくておいしかったです。 チキンもおいしかった! デザートはワッフル・プラム&キャラメルソース&バニラアイスクリーム添えと、洋ナシ&チョコレートムースを注文。 ワッフルはふわふわではなく、 結構固めのサクサク系でした。 バニラアイスは不思議な味。 キャラメルソースがかなりおいしかったです。 料理もおいしく、店員さんもフレンドリー、雰囲気バツグンの良いレストランでした。 Eindhovenにお越しの際は是非お試しください。   余談・・・ トイレに行った時のこと。 男性女性マークがわかりにくく、 でもこっちだろう、と一瞬迷いながらもそれらしき方に入りました。 個室がふたつ。 そのひとつに入っていると、 男性らしき2人の声が入ってきました。 え!? あれ!? って思っていると一人は出ていき・・・ 私も用をたして出ていくと、扉の外におじちゃんが・・・ ばっちり目が合いまして、 めっちゃ笑顔で「こっちは男性用だよ~」っておじちゃん・・・ ヘヘヘ~(о´▽`о)…

Continue Reading

レストラン

SUSHI リベンジ!

August 30, 2014

昨日、まるおが帰ってくるやいなや、 「京都に行こう!」 と言い出しました。 ※日本の京都ではなく、アイントホーフェンにある日本食レストランです。 実は、そのお店、前回苦い思いをした私の初日本食レストランinオランダに行くとなった時に、どっちに行こうか選択に迷ったお店。 お勉強になった日本食食べ放題についてはこちらをどうぞ こちらの「KYOTO」ですが、駅からはちょっと離れています。 フィリップススタジアムの近くにあります。 今写真見てて気付いたけど、左側のKYOTOのロゴ、多分、箸置きであり日の丸でもありますよね?ナイスアイディア!   まるお曰くおいしいということなので、期待して入店♪ 19時前でしたがすでにたくさんお客さんがいました。 店内はやっぱりモダンジャパニーズ。 チャイニーズっぽいといえばチャイニーズ。(円卓がひとつありました。) ひな人形的な人形が飾ってあったり、トイレの前の扉はふすま風だったりとなかなか凝っていて良い雰囲気でした。 でもなんなんでしょう、やっぱりちょっと違和感があるのは。日本の和食屋さんはもっとシンプルだからかな?あと色使いでしょうか。外国人って、アジアを表現するとき黒と赤の組み合わせをよく使う気がします。   メニューカード。 舞子は~ん   こちらはEbi tempura maki。12ユーロ。 今気づいたけど、エビ天ぷらじゃなくてエビフライでした。その代わりにゴハン天ぷらでした(笑) そして・・・・・・ お、おいしい~~~~~~~\(TOT)/   こちらはTonijn maki。7.5ユーロ。 (Tonijnはマグロです。メニューには書いてなかったけどいわゆるSpicy tuna rollでした) これも、お~い~し~いぃぃぃ~~~(涙)(涙)(涙)って思わずなりました。   そして友人Mポからの王将の写真をいまだひきずっているため、Gyozaも。6ユーロ。 彼女が犯した罪は重いのです。ヽ(●`∧´)ノ が、まさかの揚げ餃子でした。 そして手巻き。 California Handrol と Tonijn Handrol。各3.9ユーロ。   前回の悲劇のスシから一週間、リベンジ大成功でした♡ あの時の教訓は完璧に無視しての挑戦でしたが・・・ おいしかったな~。 日本でこの値段だったら絶対食べないけど。 寿司好きの人にとってどうかはわかりませんが、日本でもあんまり寿司を食べない&食べてもネギトロなどマグロ系、タコ、ヒラメくらい、サラダ巻きとかカリフォルニアロールの方が好きなお子ちゃま味覚の私には、ものすごーくおいしかったです。(※全部にマヨネーズ的な甘いソース入ってます。) 他には、サーモン、やきとり(多分一種類だけ)、鉄板焼き、枝豆、焼きうどん、味噌汁、天ぷら、刺身などなどありました。 そして何より、小さい外国人の子どもが(大人も)一生懸命箸を使って食べる姿はいつ見てもかわいいです。それが一番のおかずです。へっへっへっへっへ   しかし思うのは、オランダで(多分ほかの国でも)日本食レストラン(という名のSUSHIレストラン)を開けば儲かるだろうな~~~ということ。前回行ったお店なんてあんまりおいしくなくてもいつも混んでいるんだから・・・ しかも外国のほとんどの日本食レストランは中国人とか韓国人が経営してると思うから、日本人経営っていう付加価値を付けたらさらに人気店になるんではないでしょうか。 みなさん、いかがでしょう! 海外で日本食レストランオープン。 今日本で寿司スクール人気みたいだし。   一週間前とは違い、おなかも心も満たされた帰り道、アイスクリーム屋さんに寄りました。 私はモカ(右)に、丸尾君はSchwarzwalder kirschというケーキ味(左)。ダークチョコレートとチェリー味です。各1.10ユーロ。   さてさて、雨も止んだしそろそろ食後の自転車散歩に行ってきまーす。…

Continue Reading

オランダの日常 レストラン

はじめての日本食レストラン食べ放題inオランダ

August 24, 2014

2014年8月23日(土) 10℃ 昨日、以前から気になっていた日本食レストランに行ってきました。 数日前、日本の友だちMポがLINEで餃子の王将のおいしそうな料理の写真を送ってきて、どうしても餃子や日本食料理をおなかいっぱい食べたかった私。 そのジャパニーズレストランは、夜前を通るといつも大盛況なんです。ワクワクで店内へ。 アラカルトでも注文可ですが、食べ放題を注文しました。 ディナータイムのお値段はこちら。 月~水: 23.80ユーロ 木~日: 25.80ユーロ 基本的に日本に比べ外食の値段が高いオランダ。そう思うと食べ放題でこの料金はまぁまぁなのかな。(もっと安いところもありますが) 店内は、よく海外ドラマで見るようなモダンかつエキゾチックな感じ。そしてやっぱりチャイナミックスな雰囲気。 注文はiPad。進んでますね。(下の写真) お肉大好き・やきとり大好きまるおは早速お肉を注文していました。 野菜の肉巻き、やきとり(風)、サイコロステーキ的な肉。 見事に全部、外国人が大好きなteriyakiソースです。 そして私が食べたかった餃子。 餃子食べたいならチャイニーズレストラン行けって? いや、私もそう思ったんですが…和食も食べたかったので・・・ ちなみに味は薄味。何かが足りませんでした。餃子リベンジ決定。 こちらは鮭。まさかの薄味てりやきソースがけにはるのショック・・・ これはハズれることはないだろうと思い、枝豆を注文です。 ちゃんと枝豆でした。 ホッ。 春巻きにはてりやきソースに似たとろみのあるソースが添えられていました。それは無視して醤油をかけて食べる私をまるおは不思議な顔で見ていました。春巻きって言ったら醤油ですよね・・・? で、外国で日本食と言ったらSUSHI。 ですが、普段から寿司はマグロ各種とその他数種類しか食べない+外国の生魚を信用しきれない私。 まぐろとツナサラダを注文しました。両方アボカド入りです。 おいしいのかもしれないけど、海苔がしけっている…そして多い… そしてタコとおいなりさんを注文。 おいなりさんおいしそう♪わくわくわくわく。   が、出てきたのはこちら(笑)   一瞬何かわかりませんでした(笑) おそらく食べ放題だからこうなったのでしょう・・・ 通常メニューだと写真の通り出てくると信じております。 カリフォルニアロール的なスパイシーツナも注文。 まるおは他に天ぷらに揚げシューマイ、揚げバナナを注文してました。 そしてこれはおいしくないわけないだろうと、希望を胸にかっぱ巻きを注文。 結果 → (T_T) ええ。私が浅はかでしたよ・・・ オランダのきゅうりが日本のようにパリパリしていない&海苔がしけっていることを忘れていました(T_T) 心は満たされないままおなかは満たされまくりの私でしたが、何かおいしいものでしめたかったのでフライドポテトを注文。 おいしいじゃないかーい!\(^O^)/ ジャパニーズレストランでフライドポテトに食らいついていたら周りの外国人たちから視線あびまくりでした。   こんな感じで私の初のオランダ日本食レストラン体験は不完全燃焼で終わりました。良い経験になったので結果オーライですが。   食べながら、そして帰ってからも、 これって、日本で日本人がイタリアンとかメキシカンとかコリアンとか言ってお店出して、それを私たちが好んで食べてるのと同じなのかな、、、本場の人からしたら「全然ちげーよ!」って思うのと同じなのかな、、、いや、日本人はもっとおいしくちゃんと作れているはず・・・いや、そうでもないのかな・・・・・・と、いろいろ考えさせられました。   大盛況なそのお店。そこに集まるオランダ人たち。 本当は日本食ってもっとおいしいってこと知ってもらいたいなぁ……と、なんだか切ない気持ちで私はお店を去ったのでした。。。。。。   教訓 「和食が食べたくなったら自分で作るべし。あるいは高級でもちゃんとした店に行くべし」  …

Continue Reading