オランダ語

オランダ語の汚い言葉・罵り言葉

March 6, 2016

今日はオランダ語の汚い・わるーい言葉をご紹介します。

 

英語でいう、swear words とか curse words 。
“sh*t” とか “f*ck” とか、そういうことばです。

英語もそうですが、つぶやきのように自分自身に対して言うものから、誰かに対して言うものまでいろいろ。
また、オランダ語のswear wordsには、病気や性器の名前がたくさん使われています。
日本人からすると、おいおいおいおい、大丈夫?と思ってしまうほど。^^;

わるーい、と書きましたが、男女問わずオランダ人、ほんっっっとによく使います。
もちろん、人によってどの言葉を使うかはちがいます。
日本人でも言葉使いがきれいな人、そうじゃない人がいるのと同じですね。

 

怒っている人やびっくりしている人などを見かけたら、よーく耳を澄ましてみてください。

 

※ただし!!日本人はむやみに使わない方がいいと思います。
英語でも、スラングをたくさん調べてやたら使いたがる人がいますが、やめといた方が無難です。。。

※英語の “Sh*t!” や “F*ck!” も日常的によく使われています。

 

 

1.Godverdomme

英語で言う、“God, dame it.”
一番一般的で、よく耳にします。
誰かに対して言うというより、自分に対して言うフレーズです。

“God” を除いて、”verdomme”という場合も。

 

2.Kut

“sh*t”, “f*ck” と同じ感じで使われます。
くそっ!みたいな。

 

3.Kanker

英語では “cancer”(似てますね)、
日本語では“癌”という意味のこのことば。
これも、”dame it” と同じような感じで使われます。
ただ、“ガン”というのがあまり好ましくなく、
それを避けるために最近では “kenker” という人もいます。微妙に発音がちがいます。

 

4.Hoer

英語では、”whore”です。
これは人に対して言うセリフです。
通常、女性に対して言います。

 

5.Hoerenjong

英語にすると、“son of a whore”。
これは男性に対して言うセリフです。

 

6.Kankerhoer

Kanker + hoer でかなり嫌なことばです。
通常、女性に対して言います。

 

7.Mongool

この言葉には、”retard”, “people with down syndrome”, “Mongolian” という3つの意味があります。
かなり失礼なことばですね。
人に対して使うことば。

 

8.Lul

英語では、”d*ck”。
これは若者よりも年上の人たちが使うようです。

 

9.Slet

英語でいう、”slut”。
日本語でいう、“尻軽”。
女性に対して使う言葉です。
たぶん、若者の方がよく使いますね。

 

10.Kutwijf

直訳すると “c*nt woman”。
上記 “slet” をさらに失礼にした感じです。
女性に対して使います。

 

11.  Viswijf

直訳すると “fish woman”、“魚女”。
なんてこっちゃ?(笑)って感じですが、
ケンカしているときなどに叫んでいる女性に対し言うようです。

 

12.Homo

これは、そのまま“ホモ”ですね。
ただ、本当の同性愛者によりも、異性愛者の男性に対し使います。

 

13.Flikker

上記 “homo” のもう少しきついバージョン。
男性に対して使います。

 

14.Klootzak

英語でいう “as*hole”。
男性に対して使います。
ただし、最近では英語のことばが浸透し、英語で言う人も多いそう。

 

 

このほかにもまだまだたくさんありますが今日はこの辺で。

では!

SPONSOR LINK

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply