オランダ料理

ハマる!オランダの惣菜パン、フリカンデルブローチェ(Frikandelbroodje)

April 19, 2016
フリカンデルブローチェ

 

今日はわたしが大好きなオランダの惣菜パンをご紹介します。

パン食・いも食なわりに、惣菜パンやスイーツ系パンの少ないオランダ。

加工のない、食パンや丸パンなどのシンプルなパンの種類はそこそこ豊富ですが、それ以外といったら基本、コーヒーパンに稀にシナモンロール、あとはソーセージパンにレーズンパン、チーズパン、チョコパン、コロッケパンくらいしか思い浮かびません。
大体、形は数パターンで中身がちがう、と言った感じでバリエーションが乏しいです。

 

そんなオランダで、私がついつい買ってしまうパンが上の写真の

 

Frikandelbroodje
(フリカンデルブローチェ)

 

フリカンデルは、皮なしひき肉ソーセージをディープフライしたもの。
これは、スナックバー(オランダによくある、フリッツ(ポテト)や揚げ物を売っている店)にも、コロッケの自販機にも入っているわりとポピュラーなソーセージです。

そのフリカンデルをパイ生地で包んだパンがこの“フリカンデルブローチェ”。
パイの中のソーセージには、カレーケチャップという、スパイスが入ったケチャップがかかっていて、それが何とも言えないクセになるおいしさ。

もちろん、パン屋さんにもおいていますが、私のお気に入りは、Albert Heijn(アルバート・ハイン/オランダ大手スーパー)のもの。出来立て、あるいはそんなに時間が経っていないものは、パイ生地がサクサクしていて、ソースもたくさんかかっていてたまらないおいしさです。時間が経ってしまうとパイ生地のサクサクがなくなってしまうので、サクサク好きの方は買ったら早めに食べることをおすすめします。

ソーセージが意外とずっしりしていて、満腹感も得られます。

スーパーでは大体1~1.5ユーロ、パン屋さんでも2~3ユーロくらいで購入可能です。

 

ちなみに、ソーセージパンは、このfrikandelbroodjeほかに、一般的に“saucijzenbroodje” と “worstenbroodje” というものがあります。どれも似たような感じですが、私は断然フリカンデルブローチェ派。
この二つについてはまた日を改めてご紹介しようと思います。

 

みなさん、オランダにお越しの際はぜひ、フリカンデルブローチェ、ランチにおやつにお試しください☆

 

SPONSOR LINK

You Might Also Like

2 Comments

  • Reply Toooooooooomo May 12, 2016 at 7:01 am

    これ美味しかったー!また食べたいなぁー。

    • Reply Haruno May 12, 2016 at 12:05 pm

      > Toooooooooomoさん
      また来てください!!待ってまーす。

    Leave a Reply