アイントホーフェン(Eindhoven) 美術館・博物館 観光

Eindhoven Museum(アイントホーフェン・ミュージアム)

August 15, 2014
Eindhoven Museum4

2014年8月15日(金) Eindhoven  15℃

Eindhoven は、オランダで5番目の都市と言われています。

Philipsの創立者の出身地であり、現在もPhilipsのデザイン・開発等はここアイントホーフェンでおこなわれ、フィリップススタジアムやフィリップスミュージアムもあるなど、別名フィリップスシティです。(個人的な別名です)

それもあってか、国内ではデザイン・アートを発信する街として知られています。

ヨーロッパ有数の、現代・近代アートのコレクションを誇るファン・アベ美術館もここアイントホーフェンに。

デザイン系以外では、あまり日本人にはなじみがないアイントホーフェン空港もあります。

全世界をつなぐのがスキポール空港、ヨーロッパをつなぐのがこのアイントホーフェン空港でしょうか。アイントホーフェン離着陸便の方がお手頃なようです。

その他、PSVアイントホーフェンというサッカークラブもあります。

 

すみません前置きが長くなりましたが、私が言いたかったのは、、、

アイントホーフェンは上記を抜かし、観光できるようなところが他に特にない!!ということ。

シティセンターはまぁまぁ大きく、お店もたくさんあり生活する上では事欠きませんが、観光をしたいという方にはあまりおすすめではありません。。。

そんな中、観光っぽいことしたい!という方におすすめなのがこちら。

Eindhoven Museum (アイントホーフェン・ミュージアム)

オランダ到着して間もないころ、早速行ってきました。

ミュージアムまでの入口
Eindhoven Museum1
この道を少しまっすぐ行きます
Eindhoven Museum2
入口
Eindhoven Museum3

このミュージアムは屋外ミュージアムとなっており、先史時代から中世のオランダ南部の人々の生活を、実際に歩いて見てまわることができます。

土日と夏休みなどの学校がお休みの期間は、実際に当時の人々の生活の一部を体験できるアクティビティも催されています。また、2時からは、オランダ語になりますが、ミュージアムツアーも無料で行われています。(参加しましたが、結構長時間じっくり説明していました。)

昔の服で歩いているお兄さん2人。
右側のお兄さんがガイドしてくれました。
参加していた子どもたちは一生懸命質問したり、お兄さんからの問題に答えたりと積極的でした。
Eindhoven Museum4
子どもたちが手作りろうそく作成中(大人もできます)
Eindhoven Museum5
ぶら下がっているのがろうそく
Eindhoven Museum6
遠巻きから見た風景
Eindhoven Museum7
動物もたくさん
Eindhoven Museum8Eindhoven Museum9

山羊たちは小屋に入っていましたが、他に、ニワトリや結構大きめのアヒル?などなどがその辺を歩いていました。

上の写真のほかにも、昔の家や、小屋、お店などたくさんありましたが、
ある動物が何よりも苦手な私は、早々にやつらに出会ってしまい完全ノックアウト。。。

他のアクティビティやミュージアムの様子を写真でご紹介できず残念です(T_T)

 

このEindhoven Museum(アイントホーフェン・ミュージアム)ですが、営業期間が限られている上、
曜日によって料金が変わるので、詳細はホームページでお確かめください☆

ミュージアムカードも使えるみたいです★★

 

 

SPONSOR LINK

You Might Also Like

2 Comments

  • Reply まこまこ August 16, 2014 at 4:58 pm

    こけこっこ!クルッポークルッポー!
    オランダだと鳴き声なんて言うの?

    • Reply Haruno August 16, 2014 at 8:09 pm

      >まこまこ
      そう、やつらが我が物顔で歩いていたのよ(;´д`)
      オランダではクックルクーだって!クルクルパーみたいでおかしいって笑ってたら、コケコッコーもおかしいって言われました(笑)

    Leave a Reply